日創研経営研究会の基本思想

私達は下記のような理念、目的、誓いにのっとり、様々な活動を活発に行っています!

1つの理念

「共に学び 共に栄える」

日創研経営研究会の会員は、学ぶことがすべての経営の基本と考える。
謙虚に一人一人が学び自らを律せられるようになった時、私たちの会社は理想の職場になり更に栄えていくのである。
共に学ぶ心が自分の会社を、そしてそこで働く社員さん一人一人の家庭、人生を、更にこの社会を繁栄させる源泉になるのである。
共に学び共に栄える精神をもって日創研経営研究会の理念とする。

2つの目的

「社会貢献」(人の役に立つ社会に成る)

  • 人材の雇用と育成
  • 納税による地域社会、国家への貢献
  • 新商品、新技術の開発
  • 環境への貢献

「適正利益の確保」

  • 企業活動の存続
  • 社員の高所得、高福祉
  • 新商品、新技術の開発
  • 職場環境の改善

3つの誓い

  1. 私たちは、汗を流すことを忘れません。投機的なことは、一切手をつけず、健全な経営を心がけます。
  2. 私たちは、社員さんを単なる雇い人として考えるのではなく、経営のより良きパートナーとして、人材の育成に全力で努めます。
  3. 私たちは、正しい納税を通して、社会に貢献します。

会員心得十ヶ条(行動規範)

  1. 私は今日一日、自らの成長にコミットし、仕事・職場を通して学びます。
  2. 私は今日一日、自らの職場に感謝し、自己の存在価値を100%与え、成果を創り出していきます。
  3. 私は、親、祖先、家族を大切にいたします。
  4. 私は今日一日、自分のまわりに肯定的なコミュニケーションをはかり、自らの尊厳を示します。
  5. 私は今日一日、全てのことに最善を尽くし、自らの人生に豊かさと喜びをもたらします。
  6. 私は今日一日、自らの身だしなみや心を調え、他から信頼を得ることにつとめます。
  7. 私は今日一日、明朗活発にして”ハイよろこんで”の気概で楽しく過ごします。
  8. 私は今日一日、主体的に意志決定し、リーダーとして結果に対して責任をとります。
  9. 私は今日一日、会の成長・発展に貢献し、今日一日の私の課題を全力で達成することにつとめます。
  10. 私は今日一日、日創研経営研究会の1つの理念、2つの目的、3つの誓いを確認し、自らがその実践者たらんことを誓います。

本部会長方針

本部会長田舞 徳太郎

2017年度 本部会長方針

①会員5,000名達成のための準備と、組織活性化委員会の強化。並びにブロック長・副ブロック長の育成
②退会者防止の具体策の実践
③全国大会in岡山の成功
④本部レクチャラーの育成と最大活用
⑤職場内教育として、「理念と経営・社内勉強会」や「13の徳目朝礼」を社内に導入し、人財育成に努めよう
⑥可能思考研修未受講者や基礎コース(SA)で止まっている会員の実践コース(PSV)の修了と、TTコースへの参加促進、その後の職能教育の継続学習
⑦会員増強と質の向上(例会出席率70%)、新入会員さんへのオリエンテーションの実行とコミュニケーションの強化

方針1)会員5,000名達成のための組織活性化委員会の強化とブロック長・副ブロック長の育成

日創研経営研究会も4,300名を越す大所帯になりました。これはひとえに各地会長・事務局長や本部役員や本部レクチャラーの皆様の、地道な会員増強や分封によるものであり、さらに強化して日創研経営研究会の次の目標を5,000名にしたいと思います。
しかし、組織は大きくなることで結束力が低下したり、機敏な行動が取れなくなり形骸化します。ややもすると会員が増えると、価値観が乱れ、守るべき組織の規範が乱れたりするものです。ある意味、当然のことでもあります。

組織活性化委員会だけではなく、各本部レクチャラーの方々には、日本創造教育研究所がなぜこの日創研経営研究会を設立したのか?その原点も必ず講演の中に入れて頂きたく思います。

本部の考え(一つの理念・二つの目的・三つの誓い)や定款を各単会にスムーズに啓蒙し、活性化に課題がある各地経営研究会を支援していきたく思います。日創研経営研究会の未来の鍵を握る重要な使命を認識したブロック長・副ブロック長の育成を行ないます。

方針2)退会者防止の具体策の実践

日創研経営研究会も4,300名となりましたが、残念ながら受け入れ側の問題で退会者も増えています。何が原因で退会者を生み出しているのかの防止策を考え、退会者ゼロ運動を進めていきます。

①入会時のオリエンテーションの実施、②入会前の可能思考教育の告知、③入会後の速やかな可能思考教育の受講、④入会後のレクチャラーを活用した魅力ある例会運営、⑤入会者への丁寧なフォロー等を含めて、会員増強や質の追求を行ないつつ、退会者防止を方針とします。うまくいっていないところは、入会前が曖昧であり、入会後も大切にしていません。人間は大切にされてこそモチベーションも上がるのです。新入会員の方々はお客様と考えるべきです。

方針3)全国大会in岡山を成功させよう

新潟は「愛~あなたの命を何の為に使いますか」の大会テーマで1,375名を集める素晴らしい大会でした。

逆境の中から、新潟を起点にした「徳真会の松村理事長」の30年間を知っているだけに、「歯科医療改革」に命をかけてアジア一番になりながら、次に世界を目指そうとする講演はまさに愛があり、命の使い方をお教え頂きました。2TTコース卒の我々の仲間ですが、メイン講師として、全員にお聞き頂きたかったと思いました。

岡山経営研究会は、異なる内容の全国大会を準備されているようです。全国の皆様方に、今後の日創研経営研究会の有り方などのパネル・ディスカッションを開催して頂くようですが、宮本武蔵の「我、事において後悔をせず」の大会テーマに沿って進行をして頂きたく思います。

武蔵はつぶやきます。「おれにはまだ、縁を恃む気持ちが失せない。自力だ、一人だと、常に誡め乍ら、ふと人に依りかかる。 ・・馬鹿だ、浅慮だ、おれはなっていない」そんな心境から脱皮するために、武蔵は雑記帳に自誡の言葉として「我、事において後悔せず」と書き綴ったのです。そして、満足し、胸に誓い、何事にも自分の為したことに後悔はしないというような高い境地へまで到達するには、まだまだこの身を、この心を、不断に鍛え抜かなければ及びもない望みと思い、自分の胸の遠いところへ、理想の杭を打って、堅く信念するのです。
我々経営者にとって必要な自己の完成を、武蔵の自己鍛錬の旅から学びたいと思います。

日創研神戸経営研究会 会長方針

日創研神戸経営研究会会長 谷義彦

日創研神戸経営研究会 会長谷 義彦

「なくてはならない会を目指して」~ 志を立て、共に学び、自社の業績を上げる ~

日創研神戸経営研究会は、社員さんと共に会社の永続・発展を願う会員企業にとって、「なくてはならない会」を目指して、2017年度も活動して参ります。
日本の中小企業は、10年前には535万社ありましたが、現在は382万社まで減少し続けています。田舞本部会長は、さらに廃業や破綻が増え、減少し続ける日本の中小企業の今後を危惧されています。
中小企業がこれから永続・発展するためには、経営者が志を立て、社員さんと一緒に自社のコアコンピタンスを育成し、顧客を創造すること。
経営者が社員さんと共に学び、経営感覚を持った人材を育成すること。理想を明確に持ち、挑戦し続ける会社であることをその条件としています。
具体的には、経営研究会の活性化、13の徳目朝礼と理念と経営社内勉強会の導入推進、そして、日創研職能研修の受講推進です。
神戸経営研究会は、田舞本部会長方針を受け、2017年度神戸経営研究会会長方針として、なくてはならない会を目指して、5つの具体策を軸に活動して参ります。

方針1.理念と経営社内勉強会導入推進(理念ビジョン委員会)

  1. 理念・ビジョンを構築するための例会開催(年2回)
  2. 理念と経営社内勉強会導入推進活動(理念と経営コアコンピタンス設問表を毎月会員に配信する)
  3. 13の徳目朝礼大会の推進と取りまとめ(出場メンバーは理事会で協議・選手リーダーを選出し準備する)
  4. 東京特別研修の参加推進と取りまとめ
  5. オブザーブ参加者訪問可能リスト作成し総務会員拡大委員会に報告する(※例会開催後3日以内)

方針2.会員拡大推進(総務会員拡大委員会)

  1. 2017年度方針発表結束会の企画運営(年1回)
  2. 定時総会の周知及び運営(年3回)
  3. 全国大会の参加推進と取りまとめ
  4. オブザーブ参加者訪問可能リストをチェックし副会長へ報告(例会毎)

方針3.例会の開催及び13の徳目朝礼導入推進(リーダーシップ広報委員会)

  1. 業績向上に役立つ特別例会と公開例会の開催(特別例会1回・公開例会2回)
  2. 神戸経営研究会 広報活動 (例会広報・会員企業広報・勉強会及び朝礼広報)
  3. オブザーブ参加者訪問可能リスト作成し総務会員拡大委員会へ報告(※例会開催後3日以内)

方針4.経営計画作成のための例会・小勉強会の開催(経営戦略委員会)

  1. 全国経営発表大会の参加推進と取りまとめ
  2. 経営計画作成小勉強会の開催(3回開催)
  3. 日創研 職能研修推進と例会開催(年2回)
  4. オブザーブ参加者訪問可能リスト作成し総務会員拡大委員会へ報告(※例会開催後3日以内)

方針5.方針を実行するための組織と役割(理事及び役員・会員)

  1. 会長・副会長の役割
    ・担当委員会の内部監査と支援及び例会開催責任
    ・例会オブザーブ参加者へアポイント訪問し面談する(原則として例会後1週間以内)
    ・会員面談及びフォロー(各委員長との連携)
    ・新入会員オリエンテーションの実施
  2. 事務局の役割
    ・執行部会及び理事会資料精査及び定時総会資料精査
    ・会長とコンセンサスをとり執行部会及び理事会を運営する
    ・本部からの業務連絡事項等を速やかに理事・役員に周知する
  3. 4委員会の役割
    ・各委員会は、方針具体策にコミットしその役割を果たす。
    ・定量目標の達成に努める。
    ・委員会ミーティングを毎月開催する。(合同開催可)
    ・委員会ミーティングでは理念と経営勉強会を実施する。(理念と経営勉強会のスタイルについては委員長が決める)
  4. 2017年度神戸経営研究会組織
    ・2017年度理事・役員及び委員会配属(別紙)
    ・2017年度は、執行部会に事業担当の委員会が出席する。(委員長又は副委員長)
    ・執行部会、理事会、委員会ミーティングは、年間開催日時を決定し事業計画書に記載する
    ・理事会後の深堀会は各委員会が毎月担当し、会員のオブザーブ参加も歓迎する

3つの定量目標

  1. 会員数70名
  2. 例会出席率80%以上(理事・役員は100%出席)
  3. 日創研 職能研修のべ30名受講(業績アップ研修・業績アップ上級・マネジメント養成・マネジメントコーチング・田舞塾などの職能研修)

副会長方針

日創研神戸経営研究会副会長 経営戦略委員会 今井智之

日創研神戸経営研究会 副会長今井 智之

「神戸経営研究会の未来をひらく」

2017年度会長方針「なくてはならない会を目指して」を実現するために、担当させていただく経営戦略委員会と一致団結して、会長の意思を理解し、委員長の方針に全面協力し、副会長が相乗効果の調整役となって、神戸経営研究会に価値のある運営を提供してまいります。
具体的には、会長方針副文にある~志を立て、共に学び、自社の業績を上げる~という考えを十分に理解し、経営戦略委員長の行動計画にある経営計画書の作成にあたり、コミュニケーション量を増やし発表者とアドバイザーが相互交流のある小勉強会を開催して、意味を問い価値が生まれるように運営の協力をしてまいります。
中小企業がこれから発展・永続するために、経営者が志をもち自社のコアが反映した経営計画書を作成して、自社内に経営感覚のある部下の育成を行い「共に学び共に栄える」を実践し未来創造に挑戦してまいります。又、神戸経営研究会の発展のため会員拡大に奔走します。

日創研神戸経営研究会副会長 経営戦略委員会 墨順子

日創研神戸経営研究会 副会長墨 順子

「共に学び合い 共に成長する会風を目指して」~コミュニケーションを通してより良い神戸の絆づくり~

2017年度神戸経営研究会会長方針「なくてはならない会を目指して」~志を立て、共に学び、自社の発展に挑戦する~を受け、会長と志を共に心を一つに会の運営に貢献して参ります。
今年度は理念ビジョン委員会を支援し、委員会メンバーさんと共に、理念の構築・活用の一助となる学びの場の提供、社内勉強会・13の徳目朝礼の推進活動による業績向上を目指して頂けるよう、取り組んで参ります。
また、共に神戸の地域活性化を目指す学びの仲間作りを通して神戸経営研究会の活性化に繋げます。現会員さんとも、今まで以上にコミュニケーションの量と質を高め、なくてはならない会風作りで神戸経営研究会の会員さんと共にこれからの厳しい時代を共に乗り越えていきたいと考えています。
一人の一歩より百人の一歩、共に神戸はもとより地元地域の活性化の率先垂範となるような在り方を神戸経営研究会の皆様と共に示し、実践することで自社の発展、永続に繋がると信じてやみません。迫りくる環境の変化に対応できるだけの、情報と企業体力を付けるべく、共に学び合い、成長していきましょう。

日創研神戸経営研究会副会長 リーダーシップ広報委員会 田島祥行

日創研神戸経営研究会 副会長田島 祥行

「次世代のための神戸の絆づくり」

2017年度会長方針「なくてはならない会を目指して」を受け、リーダーシップ広報委員会を担当として特に方針の達成にコミットすることに重きをおき、歴史ある神戸の特徴を引き出し、さらに魅力ある会へ成長し次世代へつなげてゆくための絆つくりに尽力して参ります。
魅力ある会とは入会してよかった、所属していてよかったと感じられることであり、絆を感じられる会であることです。そして魅力ある会社が多くこの会に属していることです。会長方針に基づいて計画された事業を会員みんなで取り組み、達成するために共に学ぶことが自社の業績向上に真に導き、真なる絆が生まれます。
会で計画する事業そして本部事業、日創研さんで開催される研修をうまく活用して自社に生かすことも積極的に促進します。リーダーシップ広報委員会とともに神戸経営研究会の機動力をフルに活用し、学び合うことから生まれる絆を深めてゆきます。

事務局長方針

日創研神戸経営研究会事務局長 リーダーシップ広報委員会 花里佳治

日創研神戸経営研究会 事務局長花里 佳治

「絆を繋げる一助となる」

2017年度会長方針「なくてはならない会を目指して」、会長が重きを置く「原点回帰」を受け、事務局は会員全員が強い絆を築き、次代へ繋げるためのサポートをして参ります。
各委員会の事業がより良い成果を得られるよう理事会、執行部会の運営を推進し、資料精査はもとより、資料の事前配信に心掛け、またグループウェアを最大限活用し、協議時間の短縮、事業内容の精査の手助けに努めて参ります。
総務会員拡大委員会との連携を強化し、情報を共有し、会務運営を強力にバックアップできる体制を構築します。さらに、会を活性化し、スケールメリットを活かせるように、会員拡大に力を注いで参ります。
会計については、会員からお預かりした会費を厳正に管理し、予算執行の透明性、公平性、健全性を保ちます。また、予算のあり方を提起し、会員に均等の利益があるよう努めます。
本部事業、例会、事業の案内をわかりやすく参加しやすくなるよう伝えることを重視し、常に精査、改善して参ります。
指示命令の一元化の原則を順守し、情報の交錯防止に努めます。
総務会員拡大委員会と共に組織の礎であることを強く意識し、強い組織の構築の一助となります。

委員長方針

総務会員拡大委員会 委員長 松田真哉

総務会員拡大委員会 委員長松田 真哉

「活性そして成長」

2017年神戸経営研究会会長方針は「なくてはならない会を目指して」です。経営者と社員さん、そして会員同士の絆を深める一助となるべく総務会員拡大委員会としてのテーマを『活性そして成長』としました。経営研究会内部の活性化だけでなく会員拡大を通して会の成長をサポートします。
このテーマを常に念頭に置き、積極的な参加と新しいメンバーの勧誘を促進します。
今おかれている神戸経営研究会の現状を把握し出席率の向上を目指します。その為には委員会として「2017年度方針発表会」「定時総会」に参加いただけるよう全会員に対してアプローチし、神戸経営研究会の持つ意味や参加の意義を伝えていきます。
そして、会長方針にも記されている通り『志』をたてて何のために経営研究会に参加しているのかという意義を共に見出していきます。
方針発表会の中では各委員長に方針発表して頂き「経営者と社員さんが共通の目的を持って学び続ける」事の大切さを浸透させます。また、日頃の業務は事務局と力を合わせスムーズな運営を図れるように尽力していきます。
「定時総会」では、総会の持つ意味と出席の意義を伝える事で出席率の向上を図ります。このように総務会員拡大委員会は、年度方針を「活性そして成長」とすることで神戸経営研究会の内部の、そして自社の内部の関係を活性化し、さらには新しいメンバーを招き入れる事より会全体の熱量を高くし、会員にとって、社員さんにとって本当の『なくてはならない会を目指して』が実現されていくと考えます。
また、新しい仲間が増えるように常にアンテナを張り、会員拡大に努めてまいります。

経営戦略委員会 水口和樹

経営戦略委員会 委員長水口 和樹

「経常利益1%UPの実現にむけて…」

2017年度会長方針の「なくてはならない会を目指して」を受けて、経営戦略委員会では徹底して経営計画の作成と発表を推進して参りたいと考えております。
まず始めに、会員さんがなぜこの会に所属しているのかを考えた時にやはり自社の業績を少しでも向上させていきたいという思いが必ずあると思います。
その想いに答える為に昨年は「全社経営計画作成」という方針を立てました。しかしながら35%の会員様がまだ作成されていないという結果に終わりました。
この結果を受け、やはり経営計画の必要性をコミュニケーション通して共有し、会員の皆様に理解してもらう必要があると感じました。
そして、今年は業績を向上させたいという会員様の想いを実現する為にも、経営計画の作成勉強会を徹底して行い、作成した計画のブラッシュアップを発表の場を通じて神戸経営研究会として全力でサポートしていけるように取組んでいきたいと思います。
経営計画を作成し会員の皆様の会社の業績が上がる事でこの会が「なくてはならない会」になれるように貢献して参ります。

理念ビジョン委員会 椙山陽子

理念ビジョン委員会 委員長椙山 陽子

「会社の発展につながる理念経営」

2017年度会長方針「なくてはならない会を目指して」をうけ、理念ビジョン委員会では、神戸経営研究会を活性化させて盛り上げていきたいと思います。経営理念やビジョンと向き合う時間を増やし、より深めていただくことにより、新たな気づきを得ること、気づきを社員と共有することが会社の発展や業績アップにつながると考えます。経営研究会での例会や勉強会での経験や体験を通じて、経営理念やビジョンが会社の業績を上げ強い会社をつくる学びの機会をつくっていきたいと思っております。具体的には、理念ビジョン委員会では、次の3つの事業を運営してまいります。

① 「理念と経営」勉強会の開催

委員会において、「理念と経営」勉強会を開催します。社内において、実際に導入されている企業の事例発表などの中から、未導入会員企業にその価値を広く知っていただきたい。会員企業の導入率70%を目指します。

② 13の徳目朝礼近畿ブロック大会への参加

2月に行われる13の徳目朝礼近畿ブロック大会のとりまとめを行います。会員企業への13の徳目朝礼の導入により、「ありがとう経営」の浸透を進めます。

③ レクチャラー例会の企画運営

「理念経営」、「ありがとう経営」について、レクチャラー例会を8月と11月に予定しております。目的として、一つ目は「理念経営」、「ありがとう経営」の推進、二つ目には、会員の皆様に経営研究会での深い学びの場を持つことにより、「なくてはならない会」を実感していただきたいと思います。

神戸経営研究会では、日創研での研修を実践し、経営研究会での活動を通じて、実績を残されている方が多くおられます。会員企業同士が深く関わる場、機会をなるべく多く作ることにより、更に理念・ビジョンが深まり、会社の発展につなげていただけるように取り組みたいと思います。
是非、積極的に学び、共に成長していきましょう。

リーダーシップ広報委員会 藤川英典

リーダーシップ広報委員会 委員長藤川 英典

「リーダーよ、今!立志の時」

「なくてはならない会」を目指す2年目となる2017年度、谷義彦会長は“~ 志を立て、共に学び、自社の発展に挑戦する ~”をスローガンに、6つの方針を打ち出しました。中小企業が永続・発展するために、立志・コアコンピタンス育成・顧客創造が必要であること、人材育成・理想の明確化そして挑戦、と条件づけています。
その中において我がリーダーシップ広報委員会は、志を立てるための特別例会の企画・運営、そして、職能研修受講を推進する公開例会の企画運営。また、ウェブページを通じて、広く内外に活動を広報し、会員へのモティベートに加え、共に学び、共に栄える仲間を増やすべく、精力的に活動してまいります。
社員さんを幸せにする。お客様に満足して頂く商品・サービスを提供する。その為に学び続け、自社の発展に挑戦し続ける志をしっかりと立てられますよう、全力でサポートしてまいります。